Kiyoshi Kitagawa Jazz Night!

今回は、日本屈指と評判急上昇中のジャズベーシスト、北川潔さんの話。
日本のベーシストと言えば?
そう聞かれて出てくる名前ってあるかしらん?
どころか、世界を見ても、ロン・カーター、ポール・チェンバース、ジャコ・パストリアス、チャールズ・ミンガス、
マーカス・ミラー、最近ではスポルディング……私はそのくらいしか思い出せません。

というくらい希少な、しかし音楽に不可欠なリズムセクションのアーティストの中で、
リードアルバムまで制作しているアーティスト、北川潔さんはすごいと思う。

去る2017年8月8、7、10、11日の四日間、大阪のライブハウスmister kelly'sで、北川潔率いるトリオのライブが行われ ました。ピアノがケニー・バロンということもあってか、チャージはダントツの1万円!
世界の日野皓正よりも高級です。
私がお邪魔したのは10日の1stステージ。
6時過ぎから約二時間にわたって、全六曲プラスアンコールが演奏されました。
一曲目は、北川潔オリジナル曲のFirst Song for Ruth。
Facebookに譜面がアップされてた曲で、なかなかチャーミング。
想像していたものよりもだいぶんアップテンポで軽快な仕上がり。
キラキラなピアノからベースへとインプロビゼーションが渡されると、北川らしい骨っぽいベースソロがいきなり炸裂。
受けてドラムソロも迫力。

三曲目は、意外なフリータッチのスローなベースソロから。
歌うようなインプロビゼーションからピアノに移ると、一転して軽快なテンポに。
この緩急な展開に胸が踊る。

バラード曲をアップテンポで演奏した4局目を終えて、次は二曲目のオリジナル。
これがまたセンチメンタルなフレーズを含んだ名曲で、繰り返されるメロディには北川潔の思いが込められたバラードだ。
ラスト曲は超アップな緊張感あふれる演奏。
とりわけmccly hunterドラムはど迫力だった。

総じて、北川潔のベースは、通常のリズムパートは、息をするような正確さでビートが紡がれ、
インプロビゼーションに入ると豊かに歌いだされる。
骨太な重低音で奏でられる歌は、心に染み入ってくる。
時折り上がる唸り声は、意識してか無意識かわからないが、これもまたある種のビートとしては入ってくる。

前篇楽しそうに演奏している北川さんの空気は、ケニーともハンターとも交錯し、全体リラックスした演奏が生み出されている。
とにかく素晴らしい北川潔ジャズナイトだった!

偉そうに 評論家もどきなエントリとなったが、私は素人。あくまでも個人的な感想です。

ちなみに、私はアマチュア時代の彼と演奏していたことがあります。
色々彼に注文もつけていたそうです。
思い起こせば、あの頃から彼のベースはすごかった。
基本の音は、今も昔も変わらないのかもしれません。
北川潔は、私にとっての誇りだといえます。
ところで、
私の手元には、門外不出の秘蔵音源もあるんですよ、実はね。

201708141455048b5.jpg
スポンサーサイト

探偵はけーん!

天神橋筋商店街で天ぷらを食した帰り道。

久しぶりに氷でも食べようか。

そんな流れで自転車をこぎながら氷の旗を探したんだけれども、

ないものですね。日本一長い天神橋筋にもかかわらず。

天三あたりだからかね。

おっかしいな、確かあったはず。

と、思い出したのが、天満宮の目の前の喫茶。

あるある。氷の旗がハタハタと。

広くはない店内はほぼ満席。

一番隅のテーブルが空いていたので、そこを確保。

オッチャンとウチらと三人とも、ミルク金時を注文した。

店内テレビでは高校野球の大阪予選。

そのうち奥の一人が立ち上がり、わさわさと皆が動いた。

満席は、団体さんだったんだ。

と見ると、見覚えのあるお顔が。

あら?キリンの田村ちゃうん?

その通り。横には料理の先生も。

ありゃりゃ。こりゃ写真撮らなきゃ。

そうです。私の趣味の一つは、ミーハー写真収集。

有名人と出会ったら 2ショット写真を撮らねばならないのだ。

タレントであれ、料理人であれ、有名人であれば誰とでも。

早速お願いしましたよ。

シャ、写真撮らせてもらえます?

なぜか支払いをしていたキリン田村さん、返事一つで嫌な顔もせず。

パシャ。(実際にはシャキ見たいなスマホ音)


続けて既に外に出ていた料理の先生も。

このふたり、つまりこれは、探偵ナイトスクープのロケ中だったんですね。

田村さん、お疲れ様、ありがとう。

20170731224842e2a.jpgキリン田村さん
20170731225806bf7.jpg林裕人センセ
(実際には私の顔はきれてませんよ)

世界に羽ばたく17歳・・・二山治雄

 日本人若手の活躍が相次いでいる。こちらもニュースで周知かとは思うが・・・。
 2014年2月1日、若手バレエダンサーの登竜門として知られる、スイスの「ローザンヌ国際バレエコンクール」で、17歳の日本人二山治雄さん(17)が優勝した。彼は長野・松本市の高校2年生・二山治雄さん。日本人の優勝は、菅井円加さん以来、2年ぶりで、日本人男性としては、1989年に金賞を受賞した熊川哲也さん以来の快挙。
 同コンクールでは前田紗江(さえ)さん(15)が2位、加藤三希央(みきお)さん(18)が6位入賞、またこの加藤さんはあの「あずさ2号」の狩人兄の息子であるというのも話題となった。
 ところで、ローザンヌの入賞者には世界の著名バレエ・スクールへ1年間無償で留学する権利と、その間の生活援助金として16,000スイス・フランが与えられるそうだが、実は二年目からは自費となり、年間数百万が必要になるらしいが、二山クンのご両親はその点で戸惑っているらしい。つまり、そこまでの費用は・・・ということだ。
 となれば? 未来の世界的トップダンサーへの道を支えるために彼を支えてあげるスポンサー、いませんか?
二山治雄

一躍世界の華に、黒木華(はる)をおさえておきたい

 もう、ニュースで話題になったので、いまさら私がここで・・・なのだけれども、一応ここに記しておきたいのが、新人女優黒木華(はる)。ソチオリンピックで世界が沸いている中、日本映画界に朗報が届いたのは周知の事実と思います。
 昨年のNHK朝ドラ「純と愛」で、リーガルハイ2で、それほど目立った存在ではなかった。その彼女が「第64回ベルリン国際映画祭」において史上最年少で最優秀女優賞にあたる銀熊賞を受賞したのが大阪出身の若手女優、黒木華(23)だ。見た目も地味で、役どころも完ぺきに脇だった彼女が認められたのは山田洋二監督作品「小さなおうち」。主演の松たか子を凌いで日本の女優として左幸子、田中絹代、寺島しのぶに次いで史上4人目の受賞を果たした。昨年は既にキネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞など、日本の主要映画賞で計7つの新人賞を総なめ。
 口の悪い2Chネラーには「おブスなフィリピンハーフ」などと言われているが、どことなく蒼井優ちゃんにも似たルックス。このレポートが配信される頃にはすでにひっぱりだこになっているかもしれないが、本人は「受賞にとらわれることなく、自分のペースを守ってこれからもやっていきたい」とても謙遜。
 本当は私は気になってた。純と愛でも、リーガルハイでも。

黒木華 黒木華2

いままで知らずにすみません・・・JazzGal大西由希子

 音を聴いてみて結構ビビった。
 ジャズ/フュージョンサックスプレーヤーのYUCCO、ゆっここと大西 由希子(おおにし ゆきこ)のジャズだ。この人、何歳か公開されていないのだが、若い。作曲家、編曲家、タレントで、一見も第一声もおバカギャル。ところがサックス演奏をはじめると凄いのです。
 三重県伊勢市出身の彼女は、3歳からピアノを始め、15歳で高校の吹奏楽部でアルトサックスを始め、パリ、ウィーンなどで演奏旅行を経験する。16歳からJazzやフュージョンバンドに参加し、数々のコンテストにてグランプリ等を受賞。
 18歳になると中西元彦に師事してジャズ理論、作曲、編曲、インプロヴィゼーション等、ジャズ全般を学んで19歳でプロデビュー。北野タダオ&アロージャズオーケストラのリードアルト奏者河田健やチック・コリア・エレクトリック・バンドのサックス奏者エリック・マリエンサルに学び、国内外で活躍するトップミュージシャンとの数々の共演を果たしている。
 ボクシング・WBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチでは国歌「君が代」の独奏を務めた。
 世界のジャズゴッドファーザー鈴木勲と共演するほか、BSジャパン開局10周年企画から生まれた女性だけのスーパーユニット「THE JAZZ LADY」のメンバーとしても活動。2013年JazzPage人気投票サックス部門で第一位を獲得した。
 The Jazz Ladyのメンバーも実は凄い(五十嵐はるみ(Vo)、牧山純子(Vln)、小林香織(T.Sax)、宮­野寛子(P)、中村尚美(B)、飯塚理恵(Dr))。最初Yuccoは入ってないようだ。彼女たちの演奏もまた訊けばぶっ飛ぶのだが、おじさんたちのジャズもずいぶん変わったものだ。

大西由希子
プロフィール

putitGO

Author:putitGO
なんだってこんなに気になるんだっ!と思ったコンテンツを拾ってヒロッテ。内緒でお伝えしますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR