スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一躍世界の華に、黒木華(はる)をおさえておきたい

 もう、ニュースで話題になったので、いまさら私がここで・・・なのだけれども、一応ここに記しておきたいのが、新人女優黒木華(はる)。ソチオリンピックで世界が沸いている中、日本映画界に朗報が届いたのは周知の事実と思います。
 昨年のNHK朝ドラ「純と愛」で、リーガルハイ2で、それほど目立った存在ではなかった。その彼女が「第64回ベルリン国際映画祭」において史上最年少で最優秀女優賞にあたる銀熊賞を受賞したのが大阪出身の若手女優、黒木華(23)だ。見た目も地味で、役どころも完ぺきに脇だった彼女が認められたのは山田洋二監督作品「小さなおうち」。主演の松たか子を凌いで日本の女優として左幸子、田中絹代、寺島しのぶに次いで史上4人目の受賞を果たした。昨年は既にキネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞など、日本の主要映画賞で計7つの新人賞を総なめ。
 口の悪い2Chネラーには「おブスなフィリピンハーフ」などと言われているが、どことなく蒼井優ちゃんにも似たルックス。このレポートが配信される頃にはすでにひっぱりだこになっているかもしれないが、本人は「受賞にとらわれることなく、自分のペースを守ってこれからもやっていきたい」とても謙遜。
 本当は私は気になってた。純と愛でも、リーガルハイでも。

黒木華 黒木華2
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

putitGO

Author:putitGO
なんだってこんなに気になるんだっ!と思ったコンテンツを拾ってヒロッテ。内緒でお伝えしますよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。